僕クリちゃん
猫のクリちゃんのブログ
里帰り
8月10日から27日まで、5年前に僕ん家から新しい家族の所に行った、タランサリーちゃんが里帰りしてたんだ。
保護された経緯は、こちらをどうぞ。
220168.jpg


3年ぶりの里帰りだった。
3年前の時の事は、こちらをどうぞ。


こっちがタラン
OI0163.jpg


こっちがサリーちゃん
00164.jpg



サリーちゃん達のパパが、今年の2月に結婚したんだけど、お盆休みだから実家に帰省して、引っ越しもする事になったから、今回はロングで僕ん家に居たんだ。
3年ぶりだから、チョミさんとっても喜んでたんだ。

来た日はちょっとドキドキしてたタランサリーちゃんだったけど、次の日からは普通に生活してた。
最強のサビ猫姉妹。


凄く甘え上手なタラン
110132.jpg


もちろんこっちも甘えん坊サリーちゃん
77134.jpg


こうやってとにかく、構って構って攻撃が凄かった。
1503644868637.jpg


毎晩こうやて二人と遊んでた宇田っち。
OI]36

O38.jpg


この二人、仲が悪いわけじゃ無いけど、とにかく構って欲しいから取り合いするんだ。
139.jpg


チョミさんが起きると、二階に上がって行って遊んでアピールするタラン
いつも安心して可愛い顔してお昼寝してた。
1503644869871.jpg


新聞が大好きで、好き過ぎた。
お好み焼きするからって、テーブルに新聞紙を敷き詰めたら、大喜びで飛んで来た。
0150_2017082516344279c.jpg


僕とも並んで過ごすサリーちゃん
70199.jpg


チョミさんから溺愛されてる末っ子シャーシャーは、自分の立場が危うくなったと思って、段々お臍が曲がって行ったんだ。
1503644873209.jpg

1503644874205.jpg


お迎えに来た、パパとママに久し振りに逢うと、やっぱり喜んでた。
OI001.jpg

OI0003.jpg


パパのお膝に乗ってアピールするサリーちゃん
OI0211.jpg



宇田っちも負けじと頑張ってた。
O212.jpg



最後はそれぞれにおやつを持って、誰に来るかって競り合いしてた。
500226.jpg


宇田っちが一番好きって訳じゃなくて、ただ一番好きだったおやつにやって来ただけ。
それでも宇田っちは、ちょっと誇らしげだったんだ。
55233.jpg


にゃうわんのショップで購入したリースを、お引っ越し祝いにプレゼントしたんだ。
とっても喜んでくれたよ。
0152_20170829011733a2b.jpg


チョミさんは「またおいでね~~~!」って何度も言ってたんだ。
13.jpg


ミーの助が居なくなって、プリンが居なくなった。
その淋しさを忘れる位、楽しい時間を過ごす事が出来たって。
人間が大好きで、チョミさんや宇田っちにべったりしてくれたお陰で、悲しみに飲み込まれる事が無い程、楽しかったって。


「クリちゃん。
これはきっと、猫の神様がタイムリーに、二人を寄こしてくれたのよ。
お陰で心が軽くなったよ」


良かったよ。
だって僕達「クリちゃんズ」は、ドライなチームだからね。
だから僕もタランサリーちゃんにとっても感謝してるんだ。


実はこの間に、もう一つの「猫物語」があるんだ。
それは又、次回にお話するね。


(写真提供:チョミさん)

スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2017/08/29 01:40】 | 保護猫 | トラックバック(0) | コメント(5) |
プリンのお話③
プリンが亡くなった次の日は、一日一緒に過ごしたんだ。
夜は寝室でチョミさん達と一緒に寝たよ。
1503381742857.jpg


そして5日の土曜日、夕方の5時頃に予約が出来た。
チョミさん曰く、出来るだけゆっくりと、少しでも一緒に居たかったんだって。

家から車で15分位の場所にある霊園。
ここは手作り感満載で、とってもロケーションが良いんだって。
O084.jpg


とっても綺麗な川には、蛍が飛ぶんだって。
OI01103.jpg

87.jpg



そして此処には、前回お別れした時のプリンのプレートがあるんだ。
OI102.jpg

O40096.jpg


だから此処に遺骨を入れて貰うんだって。
1197.jpg


いよいよお別れの時間。
チョミさん達が持って行ったお花と、用意してくれてたお花を、プリンに持たせてあげた。
OI04406.jpg


一緒に行ってくれた水名口さんは、ももたがここに眠ってる。
ももたの事は、こちらをどうぞ。

赤血球をどんどん破壊してしまう病気だったももたは、7才だった。
輸血のドナーを探してたんだけど、プリンがマッチングしたんだ。
だからプリンは生前とっても良い事をしたんだよ。
あっちに行ったらきっと、真っ先にももたがハグしてくれるかも知れないね。
44107.jpg


チョミさんが、「女王プリンの頭には、やっぱりお花を乗せなくちゃ!」って言って、張り切って乗せてたんだって。
455109.jpg


沢山のお花に囲まれたプリン
大好きだったおやつも持たせたよ。
OI044111.jpg


あっちで待ってたミーの助が、大喜びで先に食べちゃうかも知れないね。
KYだからね・・・
1100082.jpg




プリンの喉仏と、星の形をしたどこかの骨。
僕はこの写真を見せて貰って、黙って合掌したよ。
OI855114.jpg


本当に沢山のお花と、沢山の暖かい言葉を貰ったよ。
どうもありがとう。
1503381791844.jpg


「8月組お誕生日会」の時も、プリンにお花を届けてくれたお友達。
どうもありがとう。
1503381741372.jpg


プリンのミラクルを信じて、ブログに書かなかったから、本当に驚いたと思うんだ。
でもプリンもそれを望んでいたからね。
さっとかっこよく行きたかったらしい。
OI12.jpg


一度目のプリンとのお別れは、僕はまだ3才だったから。
でもね、今の僕は14才。
もう立派な紳士だからね。
淋しがって落ち込んだり、身体を舐めて禿げさせたりはもうしない。

出来ればもう一度だけ逢いたいなって思うんだ。
桜が咲く頃に、もう一度逢えると良いね。
4002.jpg


皆さん、本当にどうもありがとうございました。
こんなに沢山の人に思って貰って、プリンは幸せだったし
今もず~~~っと幸せだよ。


本当に本当に

ありがとう!



(終わり)


(写真提供:チョミさん)



余談:プリンの最後の時にチョミさんのお友達から来たライン。

「プリン様、ずっとチョミさんチョミさん言うてはるわ」

「離れるのがいやみたい」

「宇田さんは?ってきいたら、オマケみたいに『宇田さん』いうてる」

「ちなみにチョミさん:クリちゃん:宇田さん=7:2:1くらいの
割合できにしてはった」

「宇田さんの立場あらへんやん」

「ご飯してくれるの宇田さんやねんでって、いうたんやけどなぁ」


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2017/08/22 14:57】 | プリン | トラックバック(0) | コメント(15) |
プリンのお話②
思い起こせば、プリンの膿がどんどん出るようになって、毎晩着替えて栄養を取らせてってしたのは、長い期間じゃなかったんだ。
自力で少しでもご飯は食べてた。
ちょこちょこ動いたりもしてた。
だから本当に弱って来たのは、亡くなる一週間辺りだと思うんだ。

8月3日。
朝はいつもの様に、チョミさんからご飯を食べさせて貰った。
その時は特に変わった様子は無かった。
って言っても、元気だったわけじゃ無い。
ただ変わらないって感じだった。

でもチョミさんは、何となくプリンが気になったらしくて、そわそわしたらしい。
そして用事が思った以上に早く終わったから、急いで帰って来たんだ。

プリンはよく玄関に居るんだけど、帰ったチョミさんが見たプリンはぐったりした感じだったから、「もみの木さん」に直ぐ電話して連れ行ったんだ。

チョミさんはその時思ったんだ。
もうプリンは駄目かも知れないって。

院長先生もちょうど空いてたから、待機してくれてて、直ぐにプリンは診察して貰えた。
でも院長先生も同じことを言ったんだ。

「心音もかなり弱いので、後はプリンちゃんの好きな場所で
ゆっくりと過ごしてあげたら良いと思いますよ」


少し酸素を吸わせて貰って、ほんの少し点滴して貰って、後はゆっくりと最後を迎えようってなったんだ。
先生とスタッフさん達に見守られながら、病院を後にしたプリン


家に戻って来て、直ぐにチョミさんがリビングにプリンの寝る場所を作って、最後の時間を一緒に過ごせるようにって準備したんだ。
宇田っちに、プリン危篤ってラインをした。

仕事が終わってラインを見た宇田っちから、「急いで帰る!」って返事が来た。
きっと電車の中で、走りたい気持ちだったと思うんだ。

チョミさんもどんどん意識が薄れるプリンに、ずっと声を掛けてたんだ。
「プリン!
 出来たら宇田を待っててあげてくれる?
 最後はお別れしたいと思うから」

「プリン!
 もう少しで宇田が帰って来るからね!」


チョミさんのお友達もみんな物凄く祈ってくれて、宇田っちが間に合った!
プリンもちゃんと待ってたんだよね。
810021_20170818145839f12.jpg


時々軽い痙攣を起こしながら、眠る時間が増えていく。
チョミさんはずっとプリンの手を握ってた。
1018_201708181458384d1.jpg


プリンが眼をパッチリと開けたから、チョミさんと宇田っちはずっとプリンと見つめ合ってた。
そして、ふと気が付くとプリンは息をして無かったんだ。
見つめ合ったまま、プリンは旅立ったんだよ。
1502773643618_20170818145916831.jpg


チョミさんが、「剥製にする人の気持ちが分かる!」って言ったよ。
最後は見つめ合ったままって、プリンは凄いって僕は思ったよ。
4220032_201708181458410f4.jpg


8月3日 21時50分位。
プリン 享年10才。

45550055_201708181459139aa.jpg


僕ん家は全てプリンが中心だったからね。
おやつもプリンが好きだったから、殆どプリンしか食べないけど、いつも準備してたおやつ達。
プリン沢山食べてね。
15500056_20170818145842612.jpg


いつでも起きて来そうなプリンだった。
1555000041_20170818145915412.jpg


プリンが好きだったソフトクリーム。
今年の夏は食べなかったけど、今は食べれるね。
1502773645269_20170818145918e72.jpg


毎年お盆になると、「虹の橋」を渡った仲間を描いてくれる人間せんせい
今年はなんと!
ミーの助プリンを乗せてくれた。
august-wind-2017-s.jpg

17cucu-tama-aoi-minosuke-prin-s.jpg


ミーの助はちゃんとお盆に帰って来たよ。
その事は、チョミさんがブログに書いてるから、こちらをどうぞ。


そして帰る時はみんな笑顔で帰って行くんだ。
この仲間の笑顔に、沢山の人達が笑顔になったと僕は思うんだ。
eggplant-night-2017-1-jpeg-s.jpg

egg-14-tama-aoi-prin-minosuke-s.jpg


今年は何だかとっても感慨深いお盆だったよ。


(次回に続く)


(写真提供:人間せんせい・チョミさん)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2017/08/18 15:07】 | プリン | トラックバック(0) |
プリンのお話①
プリンは去年の12月に手術をしたんだ。
その時のお話は、こちらをどうぞ。
先生やスタッフさん達も疲労困憊する位ちょっと大変な手術だったけど、当の本人はとっても元気で沢山食べて過ごしてたんだ。
回復も早くて、みんなとっても喜んでたんだ。

そして今年の春。
って言っても実は、チョミさんが日にちをハッキリと覚えて無いんだ。
あの時はちょうど、ミーの助で大変だったからね。

大体毎日プリンの身体のチェックをしてたんだけど、ふと気になるシコリを発見したんだ。
そしてそのまま「もみの木さん」へ。

去年手術した付近に、また肉腫が出来てたんだ。

治療法としては、去年取れる所は全部取ったから、これ以上の外科的処置は出来ない。
実はプリンは毎日心臓のお薬を飲んでたから、その影響も考えて、他のお薬の併用も難しい。
って事で、経過を観察しながら、その都度出来る事をやろって事になったんだ。

チョミさんが言ってた。
「ある意味、治療法が無いって言うのは、迷うことも無い。
これがプリンに取って、一番の選択肢みたいよ」


小さな塊はどんどん成長した。
プリンの左足の付根に出来てるから、大きくなるに連れて、プリンの行動範囲が狭くなった。
大好きだった洗面所でのお水も、大好きだったお庭の見晴らし台も、自力では登れなくなった。


痛みは無いって院長先生が言ってくれた。
確かに痛がる様子は無かった。
でも、人間の拳くらいに成長した塊のお陰で、プリンがどんどんストレスを感じて行ったんだ。

そしてある日、そこから膿が出た。
6月の終わりか、7月に入った位だったと思うんだ。
最初は少しだったけど、どんどん膿が出て、その内に塊の真ん中は空洞になった。

先生もこれが一体どうなるのか全く分からないけど、とにかく膿が出き切るまで色々と大変だけど、頑張ろうってなった。
足の付け根をカバーする為に、チョミさんと宇田っちは日々試行錯誤を繰り返しながら、一番ベストな感じまで出来た。

その間プリンは食欲がどんどん落ちて来て、体重もかなり減った。
プリンと同じ頃に闘病してる、マメkさん家のこっちゃんが飲んでる、カタスパンを教えて貰って、プリンにも頑張って飲んで貰った。
マメkさんのブログは、こちらをどうぞ。

毎晩膿が出てる場所を洗って、カバーして、それをズレ無い様に押さえる服を着せて。
時間は10分位だけど、プリンはとっても切ない声で鳴くし、そのプリンを必死で励ましながら頑張るチョミさんと宇田っちを、僕はずっと見てたんだ。

膿はどんどん出るけど、それと反比例して、プリンが殆ど自力で食べなくなった。
体力付けないと乗り切れないって事で、頑張って色々毎日少しずつでも食べさせたけど、みるみる弱って行ったんだ。

(次回に続く)


今はもう、大好きだった自分の場所で、のんびりしてるよ。
まだ僕ん家に居るんだよ。
四十九日まではのんびりするらしいよ。
1502773651682.jpg

1502773649577.jpg

1502773705842.jpg

OI11100147.jpg

1550025.jpg


(写真提供:チョミさん)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2017/08/15 14:32】 | プリン | トラックバック(0) |
プリンと僕と満月と
8日の満月はとっても綺麗だった。
台風の後の満月は、少し赤みがかかっていて、今まで観た満月のベスト
スリーに入る位だったよ。
0133.jpg


プリンが居ない淋しさを噛み締めながら、僕は「満月の祈り」に出たんだ。
0152.jpg


何だか久し振りに、販売機の前で写真なんか撮ってみた。
0134.jpg


プリンは本当に沢山のお花を貰ったんだ。
だからここで、お花のお礼を先にしようと思うんだ。

プリンがお星様になった次の日から、どんどんお花が届いたんだ。
家まで来てくれた、チョミさんの猫ボラのお友達愛ちゃん教授水名口さん達
みんなお花を持って、プリンに最後のお別れをしに来てくれたんだ。

仕事が終わって駆けつけてくれたこたばあやは、プリンに逢った瞬間泣いてくれたんだ。
0160.jpg


まるで今にでも起き出しそうなプリン。
「プリン。
いつでも起きても良いよ。
でも起きなかったら、明日の4時には出発するよ」

って、チョミさんがずっとずっと言ってたんだ。
43.jpg


遂にお花に埋もれたプリンだった。
0048.jpg


ミーの助の時もそうだったけど、一番に届いたノンママのお花。
0050.jpg


アビmamaから。
00051.jpg


未来ママから。
未来ママ鈴ちゃんは、僕ん家のミーの助と同じ猫バスに乗って、あっちに行ったんだ。
125.jpg


すずとすずママから。
OI052.jpg


しよりんから。
OI024.jpg


お世話になった「もみの木さん」から。
OI063.jpg


プリンの写真入りのメッセージはほんなさんから。
OI018.jpg


ティナさんからは、プリザーブドフラワーがとどいたんだ。
1502449227374.jpg


みんなそれぞれに、コメントやメールやラインで声を掛けてくれたりと、僕のブロ友さん達は本当に優しい人達ばかりだよ。
本当にありがとう。
心から感謝します。


プリンが居なくなった後は、プリンにそっくりなプレートを置いてみた。
僕もチョミさんも宇田っちも、とっても心が和んだよ。
131.jpg


プリンミーの助は仲良くしてくれるかなって思ったけど、どうやらプリンミーの助KYっぷりが駄目らしい。

それはまあ、仕方が無いね。
かぐや姫は実はワガママ姫だったみたいだよ。

プリン、とっても綺麗な満月だよ。
00159.jpg

0150.jpg


きっと向こうでも、への字のお口でいると思うんだ。
スコってみんな、お口がへの字だよね。
000053.jpg


次回からは数回に分けて、プリンのお話をしようと思うんだ。

プリンが居なくなって、チョミさんは毎日僕に言うんだ。
「クリちゃん。
プリンは今、二階に居るんだよ。
私達が二階に行くと、下に降りるんだよね」


それってまるで、家庭内野良の菫(すみれ)ちゃんだよ。


祈りは力

信じる力



(写真提供:チョミさん)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2017/08/11 18:51】 | 満月 | トラックバック(0) | コメント(10) |
満月のお知らせだよ。
8日は満月。
台風に乗って、嵐の様にプリンが行っちゃった。
そんな気がするよ。

今回の猫バスは超高速バスかも知れない。
1502103570977.jpg


最後まで手を繋いでた、チョミさんとプリン
1502103572925.jpg


チョミさんが言うんだ。
「クリちゃん。
プリンはかぐや姫だったのかも知れない」


僕は、「プリンは竹から生まれて無いよ」
って言葉を思わず飲み込んだ。
1502103575091.jpg


明日は台風一過の後だから、綺麗な満月が観れると良いなって思うんだ。


祈りは力

信じる力

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2017/08/07 20:37】 | 満月 | トラックバック(0) |
僕のプリン
プリンは8月3日、夜の9時50分頃、ゆっくりと息を引き取った。
僕ん家は、全てがプリンを中心に回って居たからね。

プリンの病気の事は全然言って無かったから、みんなとっても驚いてると思うんだ。
僕も少し落ち着いたら、書こうと思う。

その前にプリンのメモリアルを少しアップするね。
OI0007000115.jpg

OI000400190.jpg

OI00111110003.jpg


(写真提供:チョミさん)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2017/08/04 13:24】 | プリン | トラックバック(0) |
| ホーム |
プロフィール

クリちゃんです

Author:クリちゃんです
本名: クリゴンの助 (通称 クリちゃん)

生年月日: 2003年2月12日

識別: ブリティッシュショートヘアー 
     色はブルー

性別: 男子

生息地: 神戸市灘区のチョミさん宅で
      共同生活中

家族: *チョミさん 
    (一応人間 :職業は催眠する人)

    *クリちゃん
    (主役の僕です)

     *プリン 
     本名:妖精プリンプリン
    (スコティッシュの女子 気が強い
      美女軍団のリーダー)

     *トム君
     本名:ぼくトム君 
    (茶トラの男子、超甘えん坊)

     *桜(さくら) 
     本名:桜お嬢
    (三毛の女子、おとなしい
     美女軍団所属)

     *菫(すみれ)ちゃん
     本名:菫姫  
    (キジトラの女子、超臆病
     美女軍団所属)

     *シャーシャー
   本名:シャーシャー・ユキ・ガブリエル 
    (キジトラの女子、超暴れん坊
     プリンの許可が出ず、未だ
      美女軍団の入隊が保留中)

RAINBOW PROJECT 通販サイトフリーエリア

RAINBOW PROJECT 通販サイト

「僕の願い・レイ」

RAINBOW PROJECT

  

セキレイさん作

応援しているよ!

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

ブロとも一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

ブログ内検索

RSSフィード